top of page

第2410回 1月第2例会

■会長挨拶:橋爪会長

先日、国際ロータリー会長エレクトのゴードンR.マッキナリー氏(スコットランド)より2023-24年度会長テーマ「世界に希望を生み出そう」が発表されました。

私たちの目標は「破壊的な紛争から世界が立ち直れるように、希望を取り戻すことです。そうすれば、私たち自身のために持続可能な変化をもたらすことが可能となります。」とのメッセージを紹介され、「メンタルヘルスの充実、バーチャル交流を通じた平和交流、女子のエンパワメントにより新たな世界を取り戻そう」と抱負が伝えられました。

また、災害の義援金や周年、社協等への寄付金に使用にされた、ニコニコの発祥と説明を入会歴の浅い会員にも分かりやすくお話しいただきました。

■幹事報告:相沢幹事

■委員会報告

■事務局報告

■ゲスト挨拶:佐野氏(八千代ロータリークラブ)

廃れつつある年賀状ですが、一つの文化である大切な近況報告の場ではないでしょうか?

ご一考いただければと・・・

■新年特別卓話:佐倉市長 西田三十五氏(名誉会員)

コロナ禍がなかなか収束しないが歩みを止める訳にはいかない。

就任直後より災害などに見舞われましたが、市としても様々な取り組みをしてきたとのこと。

最近では、地域の経済活動を後押しする為に、飲食店のスクラッチカード、電子マネーを活用した還元、3年ぶりに開催された佐倉の秋祭りや長嶋茂雄少年野球教室などの実施を行い、今後も前立腺癌の早期発見の検診、子供を対象に視力に特化した検診、子育て支援の充実、高齢者人口も高く朝夕の高齢者による横断歩道死亡事故が増加していることから交通安全レベルの改善、ふるさと広場の拡充、千葉リサーチパークへの企業誘致、佐倉インターチェンジや工業団地の充実、カミツキ亀、ナガエツルノゲイトウ、オニビシなど外来生物を駆逐し活用した産業の創出、3/26佐倉マラソン(旧朝日健康マラソン)、3/19~4/10『桜に染まるまち佐倉』などなど、ボクシングやカヌーをはじめ多数の競技で世界レベルの活躍をしている人材も多く有することから『佐倉で才能が開花する』まちを、オール佐倉として精力的に創造していきますとのことでした。

とても、30分では語りきれない、西田市長のバイタリティーを感じる素敵な時間を共有出来ました👍

西田市長、ありがとうございました!!


◆佐倉市 ウェブサイト




閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page