第2359回 10月第2例会

公共イメージ委員会の海保です!

10月14日、RIへ認証され加盟50年目となる本日は佐倉商工会議所にて例会が開催されました。

中村会長よりご挨拶を頂戴し先の理事会で提案された11月13日に大手門公園で執り行う桜の植樹式。延期の後、来年2月13日に開催予定の命の授業等についてのお話をいただきました。「コロナ禍で事業計画が予定通りに進まず予算的にも厳しい面があるが前向きに取り組みましょう」と力強い言葉をいただいています。

幹事報告では事務局からの訃報、新入会員2名の入会、地区への議事承認等報告をいただきました。

そして本日のメインは佐倉ロータリークラブの生き字引である三橋会員より卓話をいただきました。

現在のお仕事は「三橋会員が生まれる2年前に法人化し、現在まで製材業、不動産業等と手広く事業に取り組まれておりましたが、現在は第一線からは退いている」と伺いました。

ロータリークラブ入会は25歳の時に父親を亡くし会社を辞めて家業を継ぐ際に、地元の先輩から「青年会議所を立ち上げるから一緒にやらないか」と誘われ、青年会議所を卒業された後に、そのまま入会されたと伺いました。ロータリークラブの活動では会長職を歴任し、さらにはガバナー補佐も勤め上げたとのことです。「そこで出会えた全国の仲間が支えとなり活力となり何事にも充実した毎日を過ごせた」とおしゃっておりました。

人生の大半を地域団体にて奉仕活動に捧げ、今もなお第一線で取り組まれる三橋会員、これからも我々メンバーの道標となるべくご指導をお願いします!

本日は大変貴重なお話をありがとうございました!




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示