国際奉仕「Dental Mission 2018」

会長の森本です。私は国際奉仕として11月22日〜25日の間、フィリピン共和国にて開催された「Dental Mission 2018」に参加し、歯科医療ボランティアの活動をして来ました!!

この活動はフィリピンのロータリークラブとの共同事業として1984年から始まり、現在まで34年間途切れる事なく続いています。

フィリピンではいまだ貧富の差が激しく、治療を受けられない人々が沢山います。

フィリピン側からは現地の医療関係者、ロータリアンやローターアクト、看護学生、ボランティアなど多くの方々をはじめ、日本側からもロータリアンや一般のボランティアの方々を含め北海道、茨城、東京、千葉、静岡、新潟など全国各地から参加者が集まりました。

私達は一人でも多くの方を救いたいという思いで、1日数百人もの大勢の患者をみんなで協力し合って治療しました。フィリピン政府からの取材もありました。

まだまだ日本と比べると治安は悪くトラブルもあるそうで、移動の時は警察車両に先導され我々の安全を確保していただきました。

最終日の夜は、国際ロータリー3810地区のサニーパストガバナーの邸宅に招かれ晩餐会が催されました。

今回の貴重な体験を通じて、奉仕する側である私自身が大きな学びを沢山いただきました。こんな自分でも何か人の役に立てる事があれば、これからもロータリー精神を大切に尽力していきたいと思います。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示