top of page

ご 挨 拶

Chairperson Greeting

「希望のもてる明日へ 次世代とつながろう」

2023-24年度
​会長 白石 達

 今年度、第52代会長を努めます 白石 達 です。50年を超える歴史を持つ佐倉ロータリークラブの会長を拝命し、その重責を感じております。クラブ発展の為、全力を尽くします。

 

 RI会長のゴードンR.マッキナリー氏は、2023-24年度会長テーマ「世界に希望を生み出そう」を掲げています。これを受けて、2790地区ガバナーの鵜沢和広氏(千葉若潮RC)は「Bring up Engagement エンゲージメントを育もう」というテーマを掲げられました。この方針のもと、第12グループガバナー補佐 實川正道氏のご指導に従い、一年間の活動を行ってまいります。

 

 「持続可能な明日を 次世代に提示できるよう 奉仕を実践していく」とのビジョンを掲げ、「次世代への奉仕」「会員基盤の更なる拡充」「地域社会にロータリー活動を理解してもらいイメージを定着」の3点を優先事項といたします。

 

 今年度は会員が奉仕活動を楽しく実践することを目標とし、昨年度のテーマ「ロータリーでつながり 次世代へ」の基本を受け継ぎ、持続可能な変化をもたらすことを目指して「希望のもてる明日へ 次世代とつながろう」というテーマとします。

 このテーマのもと、地区やグループクラブとも連携し、幹事、役員、委員長、会員のすべてと協力し、以下の活動を実践していきたいと思います。

 

◎職業奉仕の拡充

 ・例会の充実

 ・卓話の継続・強化

 

◎社会奉仕

 ・地域食堂への援助・支援と活動への参加

 ・スポーツ団体への支援を通じて、若者とつながる

 

◎親睦委員会

 ・イベント活動の強化

 

◎青少年奉仕活動

 ・青少年交換留学生のサポート

 

 最後に、地域社会とのつながりを大切にし、次世代が明るい明日への希望が持てるよう、奉仕していきたいと思います。

 

 新たな新年度の始まりにあたり、次年度 黒澤達哉氏年度へ確かなものを、引き継いでいきたいと思います。

 

「 継続 」

一年間よろしくお願いします。

Manager Greeting

佐倉ロータリークラブ                    2023-24年度 幹事 橋本 浩志

本年度、佐倉ロータリークラブ2023-24年度幹事を務めさせていただきます橋本浩志です。ロータリアンとしてまだ経験が浅く、未熟者ですが白石会長の揚げる本年度のスローガン「希望の持てる明日へ 次世代とつながろう」を合言葉として歴史ある我がクラブの為に精一杯努めて参ります。

 

佐倉ロータリークラブは今年度52年目が始まります。

創立50周年の各事業を成功させ昨年度のテーマ「ロータリーでつながり、次世代へ」を受け継ぎ、職業奉仕、社会奉仕、親睦委員会、青少年奉仕の事業へつなげていきたいと思います。

 

会長が決めた活動を実施していきます。

職業奉仕の拡充:例会の充実 

 楽しい例会を心がけてみんなで参加する例会にする

 

卓話の継続、強化

 外部の方、地区、第12グループ各クラブの方を招いて楽しい卓話を提供したいと思い 

 ます。

 今年度、国際ロータリー第2790地区第12グループガバナー補佐 實川正道会員、グル

 ープ幹事 林善次会員とコミュニケーションをはかりながら他クラブの情報を参考にし

 て楽しい佐倉クラブにしていきます。

 

社会奉仕 

 地域食堂への援助、支援と活動への参加

 社会奉仕委員会とコミュニケーションをはかり全会員に参加の呼びかけをしていきま 

 す。

 スポーツ団体への支援を通じて、若者とつながる

 まず佐倉市スポーツ協会とつながり支援をして次世代につなげる架け橋をしたいと思

 います。

 

親睦委員会:イベント活動の強化

 イベント活動は会員のコミュニケーションをはかる大切な場所です。楽しくロータリ

 ー活動をしてもらえるように親睦委員会と協力して取り組んでいきます。

 

青少年奉仕活動:青少年交換留学生のサポート

 今年度は佐倉ロータリークラブとして長期青少年交換留学生を20数年ぶりに行う事業

 となります。

 全会員でサポートをするように呼びかけをしていきます。

 

最後に皆さんで楽しいロータリー活動ができるように頑張っていきます

よろしくお願い申し上げます。

Organization chart

16.2023-24年度 組織図0714.jpg
2023-24年度 理事会構成員
㉔Shiraishi-Toru.JPG
会長
白石 達
⑱Kurosawa-Tatsuya.JPG
会長エレクト
黒澤 達哉
㉝Hashizume Takahiro.JPG
副会長 / 直前会長
​橋爪 卓博
㉞Hashimoto-Hiroshi.JPG
幹事
橋本 浩志
㊴Murakami-Kiyashi.JPG
次期幹事
村上 清
⑬Kaiho Daisuke.JPG
会計
海保 太亮
㉜Natsuumi Takeshi.JPG
SAA
夏海 剛
①Aizawa Junya.JPG
​クラブ奉仕

総括委員長
​相沢 潤也
㉚Nakamura Keitaro.JPG
クラブ親睦
 
総括委員長
中村 慶太郎
⑫Okamura-Michiko.JPG
4大奉仕
 
統括委員長
岡村 美智子

Committee Activity Polocy

​【クラブ管理運営委員会】

​【公共イメージ委員会】

                                      委員長   中村 一貴
                                      副委員長  中村 武弥
                                      総括委員長 相沢 潤也

活動方針 

2023年度となり3年以上続いたコロナウイルスとの共存、規制緩和により人の往来も回復しつつあり、コロナ以前の生活環境に戻ることは難しいのではと考えておりましたが、海外からの旅行者も増え、社会経済活動も正常化して参りました。

我々公共イメージ委員会は昨年度までの活動の継続内容とはなりますが、外部へのアピールや例会内容のSNSとWEB発信、様々な広報活動を通して今の佐倉ロータリークラブの良い雰囲気を幅広く情報発信していくことによりクラブのイメージUPや佐倉ロータリークラブに興味を持って頂く事により会員も今まで以上に増えていくかと考えます。

会員の皆様におかれましては柔軟なご対応、何卒格段のご協力を引き続き宜しくお願い申し上げます。

 
活動計画
  1. SNS・WEBを利用した情報発信

  2. HP等の写真撮影・文章更新

  3. マイロータリーの登録促進

㉙Nakamura Kazuki.JPG
㉛Nakamura-Takeya.JPG
①Aizawa Junya.JPG

​【クラブ親睦委員会】

                                      委員長   米内 将剛                                        
                                      副委員長  固本 俊一                           
                                      総括委員長 中村 慶太郎
活動方針 
当委員会の名称にも「親睦」とありますが、「親睦」と「親睦活動」は別のものと捉えます。
「親睦」は「奉仕の実践をする為の心を形成するもの」であり、
  それはクラブの正式な会合である例会の場で育まれるもの
・「親睦活動」は「親睦」の場である例会に参加する気持ちを強くする為や、きっかけを作る為の活動
  近年当クラブは大幅な会員数増強を果たし、「量」では目標に達することが出来ました。
  当委員会では様々な「親睦活動」を企画し「親睦」の場である例会に参加する会員が増え当クラブの「質」が高ま
  る事に寄与することを目標に活動します。
 
 具体的には「こうあるべき」では無く、下記の活動計画を通して、「例会行きたい」「例会に行って良かった」「次回の卓話も楽しみ」「卓話を聞いてもっと詳しく知りたくなった」と思っていただける機会を作ることだと捉え活動します。
 その為には、会長も含め全ての会員の皆様にご協力いただく場面があるかと存じますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
 
活動計画
  1. 例会に足が遠のいている会員や意思表示の機会が少ない会員、新入会員や比較的入会間もない会員に対し積極的にコミュニケーションを取り、ヒアリングした事、感じたことを委員会でフィードバック、共有しその会員にマッチする解決策を探り実行
  2. コミュニケーションの場を作り「例会に行きたい」と思っていただくきっかけや、「親睦」や「奉仕」を分かち合う場として、様々なイベント(佐倉花火フェスタ、クリスマス家族例会、新年会等)の企画
㊶Yonai Masataka.JPG
⑲Komoto Syunichi.JPG

​【職業奉仕・社会奉仕委員会】

                                      委員長   海保 太亮                                   
                                      副委員長  門倉 浩光
                                      
​                                      総括室長  岡村 美智子


活動方針●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

 活動計画
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
⑬Kaiho Daisuke.JPG
⑭Kadokura-Hiromitsu.JPG
⑫Okamura-Michiko.JPG

​【青少年奉仕委員会】

                                      委員長   志津 晃司
                                      副委員長  石原 利彦
                                      総括室長  岡村 美智子

活動方針 
青少年奉仕委員会では、ロータリー青少年指導育成プログラム(RYLA)という、次世代への支援を目的としたプログラムへの提供をすることで地域のリーダー育成へと繋げていく事が出来ると考えます。
今年度もコロナはまだ完全に終息しておりませんが、今まで通りの活動に戻れますので、出来る限り青少年の健全育成に寄与致します。
又今年は、佐倉RCにとって20年ぶりの長期交換留学生がカナダより来日致します。ホストファミリーになる会員の方は、大変だと思いますが、出来る限りバックアップする所存でございます。皆様のご協力をお願い致します。

職務概要
  1. RYLAへの参加促進
  2. 委員会の充実・親睦
  3. 委員会を超えた協働
  4. 長期交換留学生の生活充実、安全の確保
㉒Shizu-Koji.JPG
④Ishihara-Toshihiko.JPG
⑫Okamura-Michiko.JPG
㉚Nakamura Keitaro.JPG
                                      委員長   村上 清
                                      副委員長  石井 秀明
                                      総括委員長 相沢 潤也

活動方針 

昨年度前委員長が新規に取り組み、有効な実績を残した事象を継続いたします。本年度はさらに深掘りを行い、次世代の佐倉ロータリークラブを担う経験の浅い会員に対しロータリー活動に参加しやすく明るく楽しい環境作りに注力する所存です。

 
活動計画
1 委員長会議の継続
  昨年度より、例会とは別に2か月に一度「委員長会議」を開催した。
  委員長は自分の所属する委員会の活動内容を発表報告することにより、他の委員会の動向を把握し理解を深めた。
  つまり委員会の枠を超えた協議を行うことで、委員長同士の横の繋がりを強め、結束することに成功したと考えて
  いる。
  今年度も委員長会議を継続し、更には副委員長にも参加いただき会議を拡大する。
  主な理由としては、今回、入会歴の浅い会員が多数委員長及び副委員長に着任しており、ロータリー活動への理解
  を深める機会とする。
2 会員が楽しめる例会開催
  SAAをフォローし、クラブ親睦委員会と協力しながら、会員全員が参加したくなる、佐倉ロータリークラブらしい
  笑顔があふれる例会を目指す。
  • 興味深い卓話をしていただける方を選定→会員の皆様、卓話者の推薦お願いします
  • 他クラブを参考に、新しい形の例会開催
3 会員参加型の活動
  職業奉仕・社会奉仕委員会及び青少年奉仕委員会の活動を支援しつつ、会員が参加することに有意義な時間を感じ
  ることができるプロジェクトを提供する。
㊴Murakami-Kiyashi.JPG
③Ishii Hideaki.JPG
①Aizawa Junya.JPG

​【国際奉仕委員会】

                                      委員長   大野 加津子
                                      副委員長  尾形 誠之
                                      総括室長  岡村 美智子

活動方針 

次世代を担う若者に人生が大きく変化するような貴重な経験や体験をして頂きたい。

そんな思いを形に出来るのがロータリークラブです。
国際奉仕委員会は希望あふれる青少年に協力をしていきます。

会員の皆様におかれましても何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 
活動計画

1.国際奉仕(ロータリー財団(補助金、寄付、基金)ポリオ、国際大会)
2.受け入れたグローバル補助金奨学生の卓話、サポート
3.各委員会との親睦
4.委員会を越えた協働

⑩Ono-Katsuko.JPG
⑪Ogata Masayuki.JPG
⑫Okamura-Michiko.JPG
bottom of page