第2320回 7月第2例会

公共イメージ委員会の本年度委員長の相沢です。

本日は、お客様にRID2790第12グループの佐藤正直ガバナー補佐(四街道RC)並びに内藤八洲夫グループ幹事(四街道RC)をお迎えし、本年度第二回目の例会が開催されました。

開会の点鐘の後、本年度の四つのテストはコロナ影響を鑑み、全員の唱和でなく、当番での独唱という事で、不肖、わたくし相沢がさせていただきました。(なんとか間違えずにできてよかったです 笑)

冒頭、大島会長より『良い組織に欠かせない事』のお話があり、良い組織にはNo2の存在、メンバーが均等参加、自らの意思、新しい事を学ぶ、が欠かせない等のお話がありました。自分の会社にはできているだろうか...

また、嬉しい報告に夏海直前会長より、大島会長、中村幹事へ、ロータリーのネクタイ贈呈。実川会員のご令嬢の入籍のお祝い報告などがありました。

続いて、本日のメーンとして、各委員会の活動方針の発表がありました。

【クラブ管理運営委員会:佐久間委員長】

 垣根を越えた各委員の討論の場、例会参加率の向上にむけて

【会員増強・チャレンジ50委員会:橋本委員長】

 50周年に向け強いクラブ、新会員のオリエンテーションの充実等

【公共イメージ委員会:相沢委員長】

 与えられた役割を個人がきちんとはたしチームでのイメージ発信と戦略

【職業奉仕・社会奉仕委員会:石井副委員長】

 医療従事者の卓話、災害時に備え地区ボランティアとの連携強化

【青少年奉仕委員会:中村副委員長】

 組織を嫌う若者へ、インターアクト、ロータアクト、RYLA等への参画・組織強化

【国際奉仕委員会:岡村副委員長】

 奉仕の心を育てる。米山への活動強化などの発表がありました。

そのほかにクラブ奉仕をまとめる林室長、4大奉仕をまとめる森本室長からも心強いお言葉を頂きました。

最後に、佐藤ガバナー補佐より、例会の感想として「和気藹々で楽しくも、熱心なクラブ」と嬉しいお言葉があり、今後とも『親子クラブ』として「お互いの交流を深めて行きましょう」との締めのご挨拶を頂戴いたしました。

2020-21年度も宜しくお願いいたします。


1回の閲覧

​​​​copyright©Rotary International District 2790,

                Rotaly Club of SAKURA all right reserved  

  • Facebook App Icon