第2270回 3月第3例会

2270回の例会は、毎年恒例となる佐倉士幌の会名誉会長の堀田家13代当主 堀田正典様ご夫妻をお迎えして開催されました。 始めに森本会長のご挨拶から始まり、災害警察歯科委員会の委員長をしている縁で「防災士」資格取得の勉強に励んでいる事、東日本大震災での歯科医の役割等のお話がありました。 続いて堀田正典様の卓話では、雲州松江藩第7代藩主 松平不昧(ふまい)公の茶の湯文化、堀田正愛(まさちか)や正倫(まさとも)の正室が松平家の方など、佐倉藩との深い繋がりを教えていただきました。歴史からミステリーローズのお話しまで大変盛り沢山の充実した卓話となりました。 日本遺産の北総四都市江戸紀行にも選ばれている佐倉は、古来より奥州に臨む要所として位置づけられており、歴史の深い町だとあらためて認識をしました。 堀田様、ありがとうございました。

堀田氏 Wikipedia




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示