第2260回 12月第3例会

本日の第2260回通常例会は、森本会長より会員拡大や来年度の例会予定について、災害時対応として個人的にアマチュア無線の資格取得研修に行く等のお話しを賜りました。

また、大島幹事からは、昨晩の会長幹事会にて飯生ガバナー補佐がお話しされた「職業奉仕の原点を認識し、重視しなげれば会員の減少をくい止める事はできない。」であるからこそ、先ずは「自分の仕事を充実させる事。2月15日に開催を予定しているIMのグループ会に出席しましょう。」とのお話しを賜りました。

そして、森本会長から岡村会員に、2019-20年度の「青少年プログラム統括委員会 統括副委員長」に仮委託状が手渡されました。

さらに、大明貿易株式会社 代表取締役である齋藤会員からの卓話は、中国との貿易、直営の「再生工場」を経営するまでの経緯、深い付き合いを通して理解した中国の仕組みや人柄、契約時の注意点等の経験を通じたお話しを賜り、これからの日本との付き合い方や、中国で起業進出する方法や、共存の在り方等の多岐にわたってのお話しに華が咲きました。

齋藤会員、とても貴重な卓話を有難う御座いました。

大明貿易株式会社 ウェブサイト




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示