第2238回 7月第2例会「新年度特別卓話」

西日本豪雨災害への黙祷より始まった本例会では、飯生ガバナー補佐によるRI会長バリー・ラシン氏の考え方やテーマ、第2790地区の橋岡ガバナーの考え方や地区テーマ等をお話しいただきました。

また、新年度特別卓話では、佐倉アスリートクラブの小出義雄監督をお迎えして「失敗から学ぶこと」と題した卓話を賜りました。

豪放磊落なイメージを持つ小出監督は、実像は繊細でこまやか、徹底した情報収集・答えから逆算される理論、シューズの3mmに拘る計算など、ランナーの性格を掴んだ上で褒めて力をつけさせるマンツーマン指導は「小出マジック」とも呼ばれています。

失敗を通して信念を貫く、達人からの教えは人材育成や能力強化にも当てはまる、新年度特別卓話にふさわしい内容となりました。

小出義雄 Wikipedia




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示