第2206回 11月第三例会

初の試みとして、四つのテストを英語にて唱和をした本日の例会は、多くのお客様にご出席を賜り、国際色豊かな例会となりました。

まずは、当世話クラブの奨学生である王 倩さん。地区米山記念奨学委員会の副委員長 石田 善一様。王さんの出身校である千葉商科大学 国際センターオフィスの竹村 奈緒美様、恩田 ベアトリス様。卓話をして下さった、ネパール出身の米山奨学生 ケーシー ビザエ君。

ケーシー ビザエ君の卓話では、流暢な日本語で「日本に留学した動機」や「ネパールについて」、「日本にいる間に学んでおきたいこと」、「自分の専門分野と将来の計画」等々、非常にポジティブな姿勢に、ネパールへの興味も膨らむ充実した例会となりました。

ケーシー ビザエ君の夢は「日本の旅行代理店を営むこと」と言っていましたが、ヒマラヤ山脈やカトマンズ盆地、ブッタの誕生地でもあるルンビニーなど、多くの観光地を有するネパールの魅力を伝え、母国と日本を繋ぐ懸け橋として、更なる飛躍をされますことをご期待申し上げます。

◆公益社団法人 ロータリー米山記念奨学会 http://www.rotary-yoneyama.or.jp/

◆(財団設立50周年記念) 世界へ届け 米山の懸け橋 Youtube https://youtu.be/o_w2iPsUt_o ◆第2790地区米山記念奨学会学友会 https://yy2790alumni.wordpress.com/




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示